カードローンをするとこんなメリットがあります。

複数の金融会社で借り入れを行っている場合、そして借り入れ総額が大きい場合、カードローンの借り換えを検討してみる価値は十分にあります。

メリットですが、まず返済の手間が大幅に省けます。

複数の金融会社から借入をしているとそれぞれの返済期限や手続きを全て把握し、それぞれの会社に起源までにお金を返しに行く必要があります。しかし、複数の会社の返済を完璧に行うのは手間がかかり、さらにちょっとしたミスである会社への返済が滞るとその後の融資に響くということにもなりかねません。
カードローンの借り換えを行う事で返済先を一つに統一すれば、そのような手間と心配は解消されます。

さらに金利という面でもメリットがあります。
複数の会社から借入を行っている場合、一つの会社で同じ額を借りるよりも利子を多く払っていることが多いです。
借り換えをすればその問題が解消されるだけでなく、さらに各金融会社の借り換えサービスの中には低金利を売りにしているものがたくさんあるので、金利がさらに下がる可能性が大いにあります。

奨学金返還ができないだけで自己破産をする現実

m4s0n501

そもそも大学の教育は何のためにあるのでしょうか。
大学で学んだ専門技術が社会に出て、社会の役に立ち、それで生活していくための勉強なのではないでしょうか。

そのために奨学金を借りたお金が返済できなくて、自己破産するという現実は少し悲しい気もします。

今の大学生は、卒業しても正規雇用に採用されずに、非正規雇用の道を歩まざるを得ません。
または採用されてもブラック企業だったりして、結局辞めざるを得ない状況に陥っています。

学生の奨学金制度は昔からありますが、昔は正規雇用が当たり前だったので、安定した給与とボーナスで返済していけました。

しかし、非正規雇用では給与も安く、しかも不安定でいつ仕事がクビになるかわかりません。
雇用側も非正規雇用は、使い捨て感覚で雇っているところも少なくありません。

そのような中で、奨学金が返済できずに、苦しんでいる若い人たちが多いと聞きます。
日本も海外のように大学の授業料が無料化にするなど、何らかの対策を立てて行かないと、若い人材はますます育たなくなるのではないでしょうか。

魅力のある英国人の暖かみのあるセーター

面白い記事だとは思ったのですが、ヤフーのtopの一覧のタイトルは「ダサいセーターが流行 英」となっています。
20141216221156
どんなダサいセーターかなと戦々恐々としていましたが、見てみて、「あぁ、なんだ。」と思いました。
クリスマスをにわかに感じ取れる温かみのあるセーターでしたね。

載っている動画を観ましたが、クリスマスパーティーなどあったら最適の恰好ではないでしょうか?イギリス人は、イベントの日にしっかりとはっちゃける感じがしますね。しかし、それが本文にもあるように何処かおどけた不格好なもの、というのが多かったりするんでしょう。
それが、魅力の一つだと思いますけどね。

しかし、記事についている写真のセーター(英セントラルロンドンの「ビヨンド・レトロ」で販売されているクリスマスセーター)は、ぜひともほしいと思いました。
クリスマスに着ていたら、絶対もてはやされると思うんですけどねー。それとも私自身の感覚も少し一般とずれていたりするんですかね笑